2017年05月03日

雀荘と暴力団について②

 ③防犯協会という組織が出来た

 今雀荘って警察の防犯協会(組合)に所属しているところが結構多いです。

 大須Bucksなら中区の防犯協会、今池Bucksは千種区の防犯協会に所属しています。

 なので雀荘も警察の息がかかってるっていうと表現悪いですけど、まあそんな感じなので、暴力団も絡みたくないんですね。

 ④雀荘業界が不景気

 雀荘自体の数が減ったうえに、昔ほど売り上げがあるわけでも無いですからねー・・・


 
  ~終わりに~

 東京にいたとき今でもみかじめ料を払ってるところも中にはあるという話は聞いたこともがあります。

 ただ、昔いた雀荘なんかは過去に払っていたものの、防犯協会に所属することになったために

 「これからはみかじめ料はお支払いできなくなります」

 と相手方に伝えたところ、

 「わかりました」

 とすんなり引き下がってくれたらしいです。ぶっちゃけ相手も月2万でトラブル対処するの面倒だったんでしょうねw


 というわけで、現在では雀荘と暴力団の繋がりは希薄になってますね。

 雀荘がそうしたダークなイメージから、ゲーセンのような一般の人の遊び場になってるってのは喜ばしいことだと思います。
 


Twitterはこちらから!
banner_11 ←麻雀人気ブログランキングへ!
 コメントは以下から!コメントは返せない場合もありますが、全て読ませていただいてます
 



kry0730 at 00:17|PermalinkComments(6)

雀荘と暴力団について➀

 今回はストレートなタイトルで殴りこんでみましたw

 よくお客さんから「暴力団と雀荘って今でも繋がってるの?」と聞かれたりしますが、これに関してはうちでは一切ないですね(これマジで)。

 自分の周りの雀荘でもみかじめ料払ってるところは知りませんし、要求が来たことも一度もないです。

 今日はそんな雀荘と暴力団の関係がなぜ無くなりつつあるのかを記事にしたいと思います。

 
 

 ①みかじめ料について

 まず、暴力団が雀荘から手を引いている大きな理由が

 「みかじめ料が安い」

 というのがあると思います。雀荘のみかじめ料の相場っていくらかご存じでしょうか?地域によって差はあるかと思いますが、

 1ヶ月2万円前後

 といわれています。

 これって死ぬほど安いですよね。今時裕福な高校生でももっと貰ってる子いますw


 この金額で1ヶ月何かトラブルがあったらその店に顔出さなきゃいけなくなるわけです。むしろどんだけ良心的なんだよとw

 よくお客さんから

 「みかじめ料を払わなきゃ嫌がらせとか暴力とかあるのでは?」

 と聞かれますが、月2万のために人を使ってそんなことしませんw人件費の方が高くつくし、組員が犯罪で捕まるリスクの方がキツくなります。

 ②警察が無茶苦茶厳しい

 今、警察って暴力団に対して無茶苦茶厳しいんですよ。
 
 ちょっと前からテキ屋とかも完全に追い出しがかかったり、暴力団の人間は今はもう名刺渡すだけでアウトだったり。

 そんな中、雀荘のみかじめ料貰うのってかなりリスクがあります。

 なので、そうしたリスクは排除したいんだと思います。

 記事②へ



kry0730 at 00:14|PermalinkComments(1)

2017年04月28日

勝ち過ぎるメンバーはどうなのか?

 最近のコメントにて、

 「あんまりメンバーが強くなっても困るでしょ 客が死ぬってことだし
 メンバーは給料分ちょうど負けてくれるぐらいがいいよね」

 「メンバーが勝ちすぎてしまうとお客さんを潰してしまう事になると思います。
お客さんが一杯いるとか金持ちばかりとかの理由で考える必要が無いのですか 」

 といった感じのコメントが。

 確かに実際メンバーが勝ち過ぎるとお客さんが潰れてしまいますし、僕も純黒メンバー時代に自虐も込めて「純黒メンバーは店にとって害虫みたいなもん」とブログに書いたこともありましたw

 ただ、勝ち組のメンバーって結構いい部分もあるんですね。一番いい点は

 「負けが原因で辞める心配がない」

 ということです。

 雀荘メンバーって入れ替わりが激しい業界ですが、やはり多いのは負けすぎで心が折れて辞めてしまうケースです。

 その点、勝ち組メンバーは成績が優秀な分、懐にも余裕があるのでそういった面が原因で辞めることってありません。

 何年も長いこと働いてくれるのって、純黒とまではいかなくても成績が優秀なメンバーです。

 なので「雇用の安定感」が店にとっての勝ち組みメンバーのよい点ですね。(まあそこよりも高い店に移ってしまうことも時々ありますが…w)
 
 あとは強いメンバーと打つのを好むお客さんも中にはいるので、 そういったお客さんにはウケがいいかなと。


 正直、自分の感覚ですが店は負け組メンバーだけでは回りません。

 強いメンバーとそうでないメンバーがバランスよくいるのが理想ですね。

Twitterはこちらから!
banner_11 ←麻雀人気ブログランキングへ!
 コメントは以下から!コメントは返せない場合もありますが、全て読ませていただいてます

 


kry0730 at 21:36|PermalinkComments(7)