2014年02月01日

今日の実戦譜~過去~

 東一局の平場、西家でこんな手牌が来ました。

man5

 この手、ダブドラを使おうとすると、かなり受け入れの狭いイーシャンテンです。ですので、それを解消するために自分は対面の切った⑥pをポンしました。

man5

 こうしておくと、純粋な受け入れ枚数、ダブドラを使える受け入れ枚数、共にグンとアップします。さらに五mが重なった場合も、カンチャンの4枚より、ポンした両面の③-⑥p5枚の方が1枚分だけ優位です。
 実戦ではこの後四mを引いて三mでマンガン(ダブ西赤ドラ)をアガることができました。

 麻雀は牌を横に伸ばす形のほうが受け入れが広いので、上のような手牌のときは、くっつきテンパイになるように鳴きで形を変えてやることが大切になります。こういった鳴きは「戦術~シャンテン数の変わらない鳴き~」にも載っているので暇だったら見てやってくださいまし。



kry0730 at 00:01|PermalinkComments(0)反省・実戦譜 

戦術~初歩の牌理~

 今日は基本的な打牌選択の復習をしておこうと思います。

<パターン①>
並びシャボorカンチャンの選択

pin2

 上記のような鳴いた形のテンパイでの打牌の選択は5sか7sのどちらに取るか?
これは5を切ってカンチャン待ちが正解です。カンチャンに取れば、78s引きで8枚待ちの両面にできますが、シャボに取ってしまうと3s引きでの6枚待ちの亜両面の変化しかありません。
 
 ただ、68899のような形の場合は両面変化が1種類少なく、シャボの方が待ち牌が強いのでシャボに取ったほうがよいと思います。(僕はシャボにとります。)22335の形もシャボに取るのもアリです。

<パターン②>
基本的な枚数効率による打牌選択

sou3
 
 この手は連続形を重視して8sを切ります。8sと⑧pは同じ数牌ですが、8sは6789sの4種の受け入れに対して、⑧pは③⑥⑦⑧⑨pの5種の受け入れがあり、7s引きで三面張になる優位性もあります。

 パターン①②ともに基本的なことですので、ノータイムで打牌選択ができるようにしなくては。メンバーは10時間以上働いた後に打つことも多々ありますが、そんなときでもこのくらいの打牌選択は間違えないようにせねばとお思います。

 


kry0730 at 00:01|PermalinkComments(0)戦術 

打牌規制について

 うちの店の打牌規制のことを話していませんでしたが、うちでは

①モロ引っかけ
②役満のパオ牌を打つ
③東1局平場での鳴いての確定1000点のアガリ

は禁止されています。③の規制は結構キツイことが多いんですよね・・・まあしょうがないっちゃ、しょうがないんですが。



kry0730 at 00:01|PermalinkComments(1)その他