2017年04月22日

スタッフに麻雀を教えるかどうか

 この間、twitterにて

 「Kさんは麻雀をスタッフに教えたりしますか?」

 といった質問が。これに関しては

 「自分から自主的に教えることは無い」

 という感じにしてます。これが正しいかどうかはわからんのですけどねー。

 自分としてはいくつか理由があります。

 ①自分から聞きにくるくらいじゃないと意味がない。

 例えば、本走中に僕が見つけたそのメンバーのミスをあとで

 「さっきのはこうした方がいいよー」

 と言ったりすることって、実際あんまり意味がないんじゃないかと思うんですよね。

 なんて言えばいいか難しいんですけど、そういうのって向こうから聞きにくるくらいの熱意があるような人相手じゃないと意味が無いというか。

 熱意が無い人にこちらからとやかく言っても成長には繋がらない気がするんです。


 ②強くなる奴は勝手に強くなる

 自分が思うに、麻雀で強くなるために一番重要なのって

 「自己反省による苦手分野の克服」

 だと思うんです。

 今日はこれをミスしたから次からは気を付けよう、ここは次からはこうした方がいい

 こんなことを繰り返して自分の麻雀の精度を上げていく。それが一番大事じゃないかと。

 そしてそれができる奴はこっちが教えなくても勝手に強くなるんですよねw

 こっちから手を差し伸べる必要ないです。そういう奴は①で述べたようにわからなかったら自分から聞いてくるので。
 


 ◎成長の止まったメンバーは多い

 正直、いろんなメンバーを見てきましたが、雀荘メンバーの麻雀の成長って5人に4人はほとんど止まってます。だいたいの子が上手くもないけど

 自分は真ん中よりも上
 ここまで麻雀を知ると伸びしろなんてほとんどない
 別にそこまで麻雀強くなりたいと思わない

 と思ってます。

 そしてこういう子にはこちら側主体で麻雀を教えてもそんな効果ないです。

 「麻雀強くなるつもりはない」 

 それはその子の価値観であり、生き方なので、こちらからそれをどうこうする必要は無いかなあと。向上心が無いことが悪いことだとも思わないです。

  
Twitterはこちらから!
banner_11 ←麻雀人気ブログランキングへ!
 コメントは以下から!コメントは返せない場合もありますが、全て読ませていただいてます!


kry0730 at 21:16|PermalinkComments(12)

久しぶりの更新とお店の売り上げなどの近況

 いやー・・・ブログ更新さぼり過ぎてほんとすみませんでした。

 そこまで忙しかったわけでは無かったんですが、なかなか…

 とりあえず店はまずまず順調。今年入ってからはお店は

 1月 好調
 2月 ちょっと調子が落ち込む
 3月 絶好調
 4月 売上結構落ちそう。

 こんな感じ。4月は転勤とかで常連さんが他県に行ってしまったり、4月上期はやはり仕事がバタバタしてる関係でみなさん忙しいのかと思います。

 あと、3月は今池店は5勝戦とかやってましたしね。

 この商売は水物だとよく言われるので、麻雀と同じで短いスパンの結果を気にしてもしょうがないかなと。1年単位で成果を出せればいいなあと思ってます。

 戦術本第3弾は今頑張って書いてます。これも実際ずっとさぼってましたが、最近やっとペースが上がってきました。

 自分で言うのもなんですが、第3弾はかなりいい感じになりそうです。

 まだ完成はしていませんが、少なくとも第2弾の出来は自分の中では超えそうな気がしてます。

 とりあえず、そんな感じですね。執筆が落ち着くまではアレですが、もう少し更新できればなあ・・・

 Twitterはこちらから!
banner_11 ←麻雀人気ブログランキングへ!
 コメントは以下から!コメントは返せない場合もありますが、全て読ませていただいてます!


kry0730 at 20:21|PermalinkComments(6)

2017年03月12日

観戦者は待ちをバラすな!

 麻雀は観戦したり、メンバーの立ち番中に手牌が見えたりすることがありますが、そのときに大事なマナーがいくつかあります。

 その中の一つに

 「同卓者が知りえない情報を観戦者がバラすのはマナー違反」

 というものがありますね。

 

 昔、「真剣」という佐々木寿人さんの麻雀漫画で、寿人さんが雀荘で打っててリーチ負けしたときに観戦をしてたプロとオーナーのやり取りに

 プロ「兄さん(寿人さん)ついとらんなー。4面張がカンチャンテンパイに負けるかー」

 雀荘オーナー「待ちを教えたら2人の勝負に影響するやろが!プロならそのくらい分かれ!(殴る)」

 みたいなシーンがありましたが、こうした勝負の駆け引きといった要素を気にする人はいるので待ちに関しては観戦者が言うべきではないなと。


  
 でもこれ、結構やってしまってる雀荘メンバー多いです。自分も名古屋の他の雀荘に遊びに行ったときにされたことがありますし、うちのメンバーに注意したこともあります。

 とくにお客さんが当たり牌をビタ止めしていて流局、あるいはアガリ切った場合

 「お客さん当たり牌止めてましたよ!」

 みたいなことを言うとお客さんが喜ぶと勘違いしてしまうんですね。

 でもそれは止められた側のお客さんのことを考えていないですし、そちらの立場からすれば

 「なんで手を開いていないのに勝手に待ちをバラすんだよ!」

 となりますよね。

 「マイナスになり得る、余計なことはしない、言わない」

 が雀荘メンバー(というか接客業)の大原則ですし、これはプロの試合の観戦などのときも同じだと思うので気を付けたいですね。

 
Twitterはこちらから!
banner_11 ←麻雀人気ブログランキングへ!
 コメントは以下から!コメントは返せない場合もありますが、全て読ませていただいてます!



kry0730 at 17:11|PermalinkComments(10)