2017年02月17日

麻雀プロと打牌規制③

 この話を聞いたとき、なんとも皮肉な話だなあ…と。

 その打牌規制があったからこそAプロは辛い思いをした。

 でもその打牌規制によって多くのファンがAプロの逆転劇に魅せられ、ファンに感動を与えたのも事実です。

 何が正しいのかはわかりません。

 ただ、人の数だけ正義があって、それがどう転ぶかは誰にもわからないってことなんでしょうね

 なんか真面目な話になってしまいましたね。猫の画像でも貼っておきます。

 
o1049104913867755866

 追伸:Aプロのプライバシーを配慮して、少しだけ実際の内容と変えております。〇さんのことですか?といったコメントはご遠慮ください。片っ端から消しますw

Twitterはこちらから!
banner_11 ←麻雀人気ブログランキングへ!
 コメントは以下から!コメントは返せない場合もありますが、全て読ませていただいてます!


kry0730 at 21:02|PermalinkComments(8)

麻雀プロと打牌規制②

  これはとある男性若手プロ、Aプロの話(イニシャル関係ないです)。Aプロはとても勉強熱心でデジタル寄りの麻雀プロ。

 その麻雀への姿勢から、ファンからの好感度も高いプロでした。

 Aプロがあるとき、大事なタイトル戦に出ます。

 そしてAプロは同卓していたベテランプロのリーチに対し、海底ズラシの仕掛けを入れました。

 そしてその試合は勝ち上がり、優勝が見えるくらいの位置まで来ていました。

 しかし、その仕掛けのことを上層部が知り、激怒。

 「このタイトル戦から棄権しろ」

 との宣告が裏で行われます。
 
 団体の上からの宣告に逆らうことも出来ず、Aプロは棄権します。

 そのとき、Aプロは涙を流して悔しさを滲ませたらしいです。


 それから月日が流れ、Aプロはタイトル戦に出ます。

 決勝まで上り詰め、その試合のオーラス、Aプロは逆転条件を満たしたリーチを打ちます。

 そして一発目でのツモ、そこにはアガリ牌が眠っていて劇的な逆転となります。
 
 Aプロは涙を流して喜び、Aプロを応援してきた数多くのファンもこの結果を祝福しました。




 ただ、この話には隠された一面がありました。

 Aプロがリーチを打ったとき、実は同卓していたプロは鳴いて一発を消すことが出来ました。

 それは一発や海底のことを考えれば、勝つためには誰もが鳴く牌ではありました。

 しかしそれが出来なかったのは、過去にAプロにも宣告された

 「タイトル戦では一発消しや海底ズラシは禁止」

 という決まりがあったからです。

 Aプロ自身が苦しんだ打牌規制、それがのちにAプロの優勝を決定づけ、多くのファンを喜ばせたのです。

 
③へ


kry0730 at 20:59|PermalinkComments(0)

麻雀プロと打牌規制①

 先日知人に聞いた話で、麻雀プロは団体によってはこれをしちゃ駄目、あれをしちゃ駄目といわゆる

 「打牌規制」

 がある団体があるとの話を聞きました。

 その知人が言っていたのが、

 「タイトル戦などでの一発消し、海底ずらし」

 などが駄目な場合があるとのこと。

 これは自分は「まあ、気持ちはわかるなー」といった感じ。賛成でも反対でもないです。

 麻雀のことをよく勉強している上級者の人となると、

 「ふざけんな!麻雀は真剣勝負だろうが!」
 「手加減した麻雀を見せられてもつまらん!」
 「勝つためのベストを尽くしてこそプロの麻雀だろ!」

 といった意見になると思います。

 でも初心者や大多数の麻雀ファンは一発消しや海底ずらしで当たり牌が流れるところよりも、海底牌での劇的逆転が見たいというのが心情です。

 これに関しては答えは無いかと。各々の価値観によるところが大きいでしょう。

 

 ただ、これに関して自分の知人の話でこんなものがありました。
 
 これを②の記事で紹介しようと思います。
 
 
②へ。


kry0730 at 20:58|PermalinkComments(0)