2014年04月28日

戦術~守りの姿勢と攻めの姿勢①~

  麻雀において、守りの姿勢と攻めの姿勢を使いわけるのは非常に重要です。今回は麻雀における、守りと攻めの重要な概念を記事にしたいと思います。

 ~守りの姿勢~

man8
※東1局西家、8巡目

 この手牌で親からリーチがかかったとします。捨て牌は以下のとおり。

yoko-man7
 
 自分が一発目に引いたのは危険牌の6s。ここでとる方針は

① 一発で6sを切り、万全のイーシャンテンを保つ。
② とりあえず現物の二万を切り、テンパイしたら6sを勝負。もう1枚危険牌を引いたら、その時点でベタオリ。

 この2つのどちらがよいでしょうか?

 昔はこういった手は多くの打ち手の中では、①の方針がベストとされていました。片山まさゆき先生の「打姫おバカミーコ」、佐々木寿人プロの「真剣」などの作品でも、危険牌を先に押すといった感覚が尊いとされています。理由としては

Ⅰ 危険牌を切ることを恐れてアガリ逃しになると最悪。
Ⅱ 危険牌を切り遅れることで、他家への放銃に繋がる可能性がある。

 といったところ。

 確かに勝負手で切り遅れた牌で刺さるのはカッコ悪いですね。しかし、自分は今回と同じようなケースのときは②の方針を取ります。そしてそれが現代の麻雀ではベストだとも思ってます。理由としては以下の通り

Ⅰ 自分の手牌がシャンテンであり、シャンテンからの放銃は非効率。
Ⅱ 一発での放銃は出来る限り避けるべき。

 まず、Ⅰはいつもこのブログでも言っている通りですね。

 テンパイからなら6sを勝負してもいいと思います、それだけのリターンがあるわけですから。しかし、現状はテンパイできるかどうかは今のところは不明のイーシャンテンなわけですから、ここでの無理は禁物です。

 そしてⅡの方は今まであまり言ってきませんでしたが、一発放銃を避ける姿勢は大切だと思っています。

 よく「一発でも二発でも一緒だ」という人がいますが、それは違います。一発での放銃は純粋に打点が倍ほどに違うわけですから、出来る限りは避けるべきです。特に今回のように安全牌を打っても、両面両面のイーシャンテンが維持できるような手のときは、

 一発放銃を避ける>シャボ受けを残す

 という風に考えていいかと。

 「勝負手のときは妥協せず、一発目からでも押す」という考えは勝つための効率というよりも、精神論的な意味合いが強い考え方です。確かに「一発での放銃を怖がった結果アガリを逃す」というのは非常にかっこ悪いことのように思いますが、放銃してしまうよりはマシと考えた方が、成績は残りやすいと思いますね。

 ②の守りの姿勢に続きます

 banner_11 ←よかったらクリックお願いします!


kry0730 at 23:42│Comments(2)戦術 

この記事へのコメント

1. Posted by ななし   2014年04月29日 10:32
これがタンヤオ赤々や赤金、はたまたドラ5枚とかならどうですか?
恐らく赤表くらいなら現物切りになると思うんですが。6s押しになるボーダーが知りたいっす
2. Posted by K   2014年04月29日 22:53
>ななしさん
正確なボーダーがあるわけでは無いんですが、少なくともドラ5枚でハネ万以上が
確定していれば6sを切りますね(._.)
あとタンヤオ赤金のように仕掛けが効く形でも、6sを押してもいいと思います。
今回の場合は、マンガン手+仕掛けも出来ないのでオリた方がいいと判断しました(´・ω・`)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字