2015年08月10日

フリー麻雀の止めどき②

 昔、地元のフリー勝ち組の知り合いにシンさん(仮)という人がいました。

 シンさんは勝ってるときは結構続けて、負けてるとさっと止めるので、「流れとか気にするんですか?」と質問したときにこんな答えが返ってきました。

 「流れとかは特に意識しないんだけど、好調の人って『いい麻雀』を打つんだよね。手順もしっかり打てていて、押すべき牌もちゃんと押せる。

 逆に不調の人はひよらなくていいところでオリたり、単純な手順ミスも増えてくる。

 だから、自分は勝ってて調子がいいときは長く続ける。自分が調子いいときって、同卓者3人のうちの誰かはメンタルがブレてきて『いい麻雀』が打てなくなってるからさ。

 逆に自分が不調のときは相手が『いい麻雀』を打ってるときだから早めに止めちゃうんだよね。」


 それを聞いて、なるほどと思いました。要するに、

 「自分の調子によって相手のメンタル状況が変わるから、それに合わせて止めどきを変える」
  
 ということですね。確かに対人ゲームである以上、こうした要素はあるかと思います。 
  

 ③へ


kry0730 at 01:21│Comments(0)考察・雀荘 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字