2016年01月25日

他人を貶めるメンバー②

 A氏が入って1ヶ月が経ったころ。A氏の同僚に対する批判が日に日に目立ち始めた。

 当時、彼はその店の従業員全員の批判を、当人がいない場でし続けていた。(当人の前では大人しくしている)

 「あの人の麻雀が強いなんて自分は思ってないです」
 「あの人が店を無茶苦茶にしてるんですよねー」
 「あの人の昨日の接客、あんなんで本当にいいんですかね?」
 「あの人の・・・」
 

 周囲もそんな彼に辟易し始めていた。

 そんなある日、さすがに自分も同僚の悪口に我慢ならなかったし、彼のように裏で言うのも嫌だったので、1対1の場で直接彼に注意したことがあった。(自分は裏で言うことは表でも言うようにしている)

 そのときに自分から

・同僚のことを陰で批判しても、自分の信用を落とすだけで何のプラスにもならないこと

・同僚への批判は、聞いている相手への不信感にも繋がること

・批判は人伝いに本人に伝わることが多いこと(実際彼の批判は本人に伝わっていた)

 といったことを伝え、彼の行動を諌めた。




 しかし、(当たり前のことかもしれないが)彼の批判がやむことは無かった。

 自分が辞めたあとに、彼の批判を延々と聞かされてうんざりしていると、同僚(今現在は店にいない)から連絡もあった。

 それを聞いたとき、

 「彼も自分自身に対してのフラストレーションもあるからこそ、そういった風に言うんだと思います。まあ愚痴だと思ってください。」

 と答えた。



 それは適当にあしらったわけではなく、正直に思ったことだった。

 彼がプライドが高いことは分かっていた。

 そんな彼にとって、自分より年下の人間が店を開いたり、自分より麻雀が強かったり、仕事が出来たりすることは、我慢ならないことなのだろう。

 そしてその不満を解消する方法が、自分を高めることではなく、周りを少しでも貶めて、自分を慰めることなのだ。

  

 それもまた人間らしいと言えば人間らしいし、責める気も無い。

 ただ彼のことを憎んでいるわけでも無い自分としては、大切なことに気づいてほしい・・・

 他者を貶めて下がっているのは他者の価値ではなく、自分の価値だということに・・・

Twitterはこちらから!
banner_11 ←麻雀人気ブログランキングへ!

 コメントは以下から!(他のコメント者に関する中傷や批判、本記事や麻雀と無関係のコメント等はご遠慮いただいております)  


kry0730 at 00:27│Comments(7)お店での出来事 

この記事へのコメント

1. Posted by ななし   2016年01月25日 01:33
そういう同僚うちにもいます。
どこの職場にも必ずといっていいほど陰口叩くやついるんですよね。意味ないのに
2. Posted by 麻雀笑売人   2016年01月25日 02:47
お久しぶりです。
昨年末に麻雀表向きは引退しました。
Kさんの店ならいってみたいすね。

まー、月並みですけどそんなことに気づける人間はいてない時に批判しないっすよ。
3. Posted by 名古あ   2016年01月25日 12:19
「俺が麻雀最強じゃコラ」って無駄に自分を過大評価してる人の方がまだ可愛げがありますね・・・。
4. Posted by aaa   2016年01月25日 14:05
自分も麻雀しますのでいいますが、
フリー雀荘にいるような人は経営者も従業員も客も全員カスだと思いますww
5. Posted by 達也   2016年01月25日 15:36

麻雀に限らず・・・・人の陰口叩きまくる人っていますね

ビックリしたのはとある会合で途中で帰った人の陰口を、その人がいなくなった途端言い出す女

『これは・・・もし俺が帰ったら居なくなった途端同じように陰口叩かれるんだろうか』と思っちゃいました

6. Posted by 長山大樹   2016年01月25日 22:32
スペシャルハイパージャンゴロK 本2の発売日はいつ頃ですかー?
        (´ω`)❓

平澤元気プロのラス回避本や成岡さんの本と共に楽しみすぎます。

天鳳の鳳凰卓やってても、
まだまだ牌理や読みが甘いなと・・・

ドラポンに対して押せる可能性を示したこの前の記事を見て、ワクワクが止まりません
      
         ( ̄▽ ̄;)
7. Posted by たっつん   2016年01月26日 01:20
僕は、人には言わないですけど、でもその人の気持ちも分からなくもないです。
自分が地べたを這いずってるとき、他人の幸せって自分に虚無感とか劣等感をあたえるんですよね。それで自分を保つために、相手を卑下するって分からなくはないです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字