2014年12月

2014年12月19日

今日の実戦譜~12月18日~

  ①sou8
 ※東2局西家、6巡目、⑧が一枚切れ。

 トップとかなり離れた2着目。下3人が団子状態。

 この手牌からは素直に6索切り。この間、同僚が「Kさんってホントに手なりで打ちますよね」って言ってたけど、こういう手牌で⑨筒を切るとかはしないようにしてる。

 6索切りが正解かどうかとかいう問題よりも、本走時のフォームとしてこういう風に打つっていうのも自分の場合はあるかも。手順に関しては悩んだら、一番シンプルに打つようにして、あまり時間をかけないようにする、といったような。

 結果は⑧引いてテンパイしてダマ。数巡後に⑧ツモって500・1000のアガリ。


 ②sou7
※東2局東家、5巡目

 ここから上が切った四万をチーしてテンパイ取り。親万のチーテンだから取ったわけだけど、このとき場況的にピンズの上がよかったこともあって、鉄鳴きとまではいかないなあと思いながらのチーテン。

 結果は他家のアガリ。スルーしたらアガれてたってことも、多分無さそうだった。


 ③pin5
 ※東3局北家、5巡目

 ここから出た⑤筒をポン。まあ、これは普通かも。

 ドラポンすると、警戒されてしまうけど、⑦筒と2索が待ちとして強いのでまあ問題ないかと。

 この後、2索ポンして②筒でのアガリ。

 まあ・・・普通か・・・

Twitterはこちらから
  banner_11 ←麻雀ブログランキングへ 


kry0730 at 02:01|PermalinkComments(18)反省・実戦譜 

2014年12月12日

テンパイ料の価値

 麻雀で、テンパイ料を取りにいくことって重要なんですが、ルールによってその比重って変わると思います。

 テンパイ料の価値が一番高いのは、一発裏無しの競技ルール。次に普通の一発赤裏アリのネット麻雀。

 そして上に比べると価値が低いのがフリー麻雀のルールです。これは、フリーのルールにはチップの要素が含まれるからですね。

 ネット麻雀であればテンパイ料を追って放銃しても払うのは点棒だけです。しかし、フリーだとチップも払わないといけません。なので、フリーの場合はテンパイ料の価値が若干下がるわけです。(テンパイ料にはチップはつきませんしね)

 これが基本的なテンパイ料についての考えなんですが、最近自分の回りの打ち手を見てると、フリーなのにテンパイを追いすぎな面がある気がするんですよねー。

 相手からリーチが入ってる状態で、遠い手牌から9,10巡目の時点で両面鳴いて形テンへ向かう・・・といったのを見たり。

 そこまでするか・・・と思うんですね。形テンって、自分は13,4巡目くらいまであまり意識せず、放銃回避をむしろ重視して打つんですが・・・
 
 この「フリーでのテンパイ追いすぎ病」はけっこう蔓延してしまっている気もするので、今度気になるのを見かけたら記事にでもしようかなー、と思います。(今はネタねえのかよ!)

Twitterはこちらから
  banner_11 ←当たり前のことしか書いてねえ…って人はクリック!
 
 


kry0730 at 02:22|PermalinkComments(20)戦術 

2014年12月11日

雀頭探りの手~今日の猛省~

 うーん、今日は基本的過ぎる部分を本走でミスりました・・・主に雀頭が無い手牌。

ji6-hatsu
※親配牌

 こういった平和系の手でターツが足りてて頭が無いような場合って役牌から落としていくのが基本なんですけど、1打目に手拍子で南切ってしまった・・・

 リーチドラドラとメンピンドラドラって、単純な出アガリ点数が4300点違いますからね・・・結構大きいと思わないと・・・

 


ji5-haku
 
 あとこの手で、自分で2枚使ってるからって七万切ってしまったんですけど、2456とかの数牌引いたときの形考えて、ピンズか索子の高い方切っておかないといけなかった・・・

 どれだけ麻雀やっても、こういった単純なとこでのミスが治らないんだから甘いなあ・・・と反省・・・

 頭でわかっていても、実践できていないなら、それは知らないのと一緒か・・・

 Twitterはこちらから
  banner_11 ←麻雀ブログランキングへ
 


kry0730 at 02:12|PermalinkComments(14)反省・実戦譜 

2014年12月10日

メンバーは不利なことばかりか?

 知人に「メンバーは麻雀だけに集中できないから勝てない」みたいなことを言う奴がいます。

 まあ、客で打つときに比べれば確かに確実に成績が落ちるんですが、全てが悪い方向に働くわけでは無いかなー、と思うんですね。

 この間、本走中にこんなことがありました。自分が下の手でテンパイ。

 ji6-hatsu

 このとき索子の上がめっちゃ安くて9s単騎はいい待ちでした。そして自分がツモ番になったときに後ろから後輩が、

 「Kさん、奥のセット卓の設定ってどうなってますか?」

 みたいに話かけてきたんですね。うーん、どうだったかなーと考えていたら、ツモってきた⑥筒をツモ切ってました・・・

 (うおっピンズの3面張に受け変え損ねた!!)

 とか思ってて、しかもすぐに下が④筒切るんですよ。やっちまったー、とか思ってたんですが・・・

 次のツモがなんと9索。五万は祝儀2枚の金五万だったので祝儀が3枚オールで3000円得したんですね。

 完全に結果論でしかないんですが、こんな風にメンバーとしての不利がたまたまプラスに働くケースもあるんです。だからメンバーの不利な要素全てがマイナスに繋がるかっていったら、そうでは無いんですね。(長い目で見ればマイナスだろうけど)

 そういったこともあって、「メンバーで麻雀やってると麻雀だけに集中できないから勝てない」っていうのは、少し言いすぎな気がします。

 というか、まあはっきり言ってしまうと、待遇がそれなりなのにメンバーで給料が残らないのは

 麻雀が弱いから

 なんです。牌理の勉強が足りてないから勝てないんですよ。

 でも多くのメンバーはそこから目を背けて店のせいだったり、メンバー業という業種のせいにしてるんじゃないかなあと思う、そんな今日この頃です。

  banner_11 ←応援クリックお願いします!!


kry0730 at 02:51|PermalinkComments(14)考察・雀荘 

2014年12月06日

ウマ2-4の場合はどうする~今日の反省~

 うちの店はウマが2-4。このウマだとトップを0としたときの貰いの差(オカ含む)が、

 トップ    0
 2着  -4000
 3着  -8000
 4着  -10000

 という風になります。

 普通のフリーだとトップの価値のみが大きいルールが多いのですが、2-4の場合は1、2着の連帯どちらも大きな価値があります。3着から2着へ上がるのと、2着からトップに上がるのが等価値ですからね。

 これを踏まえて今日悩んだのがオーラスのこんな局面。点差は以下の感じ

 トップ親  9000点差 
 2着自分 
 3着     5000点差
 4着     6000点差

 ここで8巡目にこんなテンパイ。

 man3
※オーラス南家8巡目、九万が一枚切れ

 
 ここからリーチするかどうか?って選択でした。

 
 結果から言うと

①リーチを打った。
②そのあと、3着目から追っかけオープンリーチが入った。
③なんとか高め九万をツモってトップだった。
 
 と、上手くいったんですが、後から考えるとこのリーチの是非は微妙だったなーと。

 これがドラドラならリーチでもいいかなと思うんです。高めが出ればトップですし、休めツモでもOKです。

 でも

①今回の点差でドラ1の場合だとトップになる条件は苦しい。

②うちの店はオープンリーチアリの店なんで、3、4着目からのオープン追っかけが死ぬほど怖い。それに振るとラスに下がる(2着順落ち)危険アリ…ダマにしておけばオープンへの放銃は0%

③今回の下との点差もノーテン罰符で変わらないこともあって、終盤他家からリーチが入り、オリになっても流局なら2着維持


 こういったいろいろな要素があって、このリーチはどうなんかなーと思うんですねー。

 ダマにしつつ高めツモor直撃ならトップ、それ意外のアガリでも2着維持という考えも全然アリかだったかと。
(もしウマが1-3とかトップ取り有利の場合だと悩まないでリーチでいいとか思いますが。)

 
 
 うーん、どっちがいいかわからんな・・・

 まあでも上の手をダマにするって、巷のデジタル打ちとすげーかけ離れた感じはしますね。それは間違いない。

   banner_11 ←結局ダマかどうかの結論出てないのかよ!!って人はクリック!


kry0730 at 02:19|PermalinkComments(26)反省・実戦譜