2015年10月

2015年10月13日

フリー麻雀の見送りってどーなの?

 よくフリー雀荘でエレベーター前まで見送ってくれるところってあるじゃないですか。

 あれ自分かなり苦手ですw

 仲のいいメンバーが来てくれるなら全然いいんですが、特に仲良くも無いメンバーがエレベーター前までついて来られると、結構しんどいです・・・

 無理やり話さないといけないみたいになりますし、無言だと無駄に気まずい空気が流れますしw

 前にうちの来ていたお客さんで
 
 「特に話すことも無いのに、マニュアル的にただただエレベーター前まで見送りに来るには、勘違い接客だろ。何か話すことがあればいいけどさ。」

 って言ってる人がいました。僕の同僚でも結構嫌う人が多かった印象です。


 まあ、好みの問題があるんで、なかなか難しいですけどねー。まあ、店を出た際にありがとうございましたの一言があれば見送りなくても全然いいかなーと思うんですが。


 あっ、でも可愛いギャルメンが見送りに来るならいいです。人間なんて勝手なもんだw

Twitterはこちらから
  
banner_11 ←応援クリックお願いします!


kry0730 at 02:20|PermalinkComments(15)考察・雀荘 

2015年10月11日

物件探しと行政書士探し

 最近は物件探しとそれに加えて行政書士さんも探してます。

 行政書士さんは風俗店の申請の場合にほぼ必要になるんですが、結構めんどい。

 つーか、雀荘やる上で、物件探しも行政書士探しもどっちも大変。

 まず、雀荘で可能な物件ってほんと少ないです。テナント・事務所が例えば30件あるとして、その中で雀荘で使える物件って1件とかじゃないかなーって探してて思います。(もっと少ないかも…)

 少なくなる要因として

 ・風俗なので、小学校や病院と100m以内(地域にもよる)の物件は使えない。
 ・ブラックなイメージがあるので、大家が嫌がる。
 ・タバコで汚れる、うるさいという理由から大家が嫌がる。

 などがあって、いい物件があって、それが店舗として使える物件でも

 「雀荘だけはダメです!」

 という場所も少なくないんですねー・・・


 あと、風俗店申請のときの行政書士さんってどこでもいいと思ってたんですが、風営法は担当していないところも結構あって、風営法に通じている行政書士さんを探さないといけなかったりもします。(まあ何件か電話すればいいだけなんで、こっちは物件よりはるかに楽ですがw)

 色々と思ってたよりも大変なんだなーと。

 まあでもめげずに頑張っていきます!

  12月中旬くらいのオープン目指せたらいいなあ…

Twitterはこちらから
  
banner_11 ←応援クリックお願いします!


kry0730 at 01:26|PermalinkComments(14)その他 

2015年10月08日

元麻雀プロと話をして

 今日は物件探しと、第2弾の執筆を軽くやった後、久しぶりに地元の奴と飯を食いに行ってました。

 そいつは昔、麻雀プロの経験もあった奴で、今は普通の仕事をしているみたいです。

 麻雀プロについての話になったとき、彼の話だとこんな感じ。


 ①まず、麻雀プロ自体はずっと続ける気にはならなかった。金にもならなかった。

 ②ただその反面で、あれは同じ趣味を持つサークルとして考えると非常によかった。いい人脈も出来た。

 ③そもそも彼は競技麻雀(一発裏無し)が好きで、それを打てる場所としてもよかった。

 ④彼が辞めた原因の一つに「堀内プロの失格事件」があった。あれを見て失望した面があった。
  補足:ただ、これはあくまで、「原因の一つ」で、実際は他の要因も大きかったんだと思います。

 ⑤フリーで打つことに比べて、「全員が真剣に打っている場」ということの価値は高かった。そういった場で打てるというのは楽しかった。

 
 だいたいこんな感じの話。

 自分は今まで麻雀プロとして団体に所属したことは無い(これからも未来永劫無い)ので、彼がどんな環境で、どんな気持ちでプロとして活動してきたのか、そしてどんな気持ちで辞めたのかは全く分かりません。

 ただ、話を聞く限りではやはりプラスの面も数多くあり、ただその一方でマイナスの面もあり、そしてそれを鑑みた結果、彼なりの答えを出して辞めたんだろーなー、と。


 まあ、話の最後に

 「今にして思えば辞めなくてもよかったかなー。」

 といったことも言っていたので、彼にとっては少なくとも悪い場所では無かったみたいです。

 (オチとか主張は無いですw駄文ですw)

 
Twitterはこちらから
  
banner_11 ←応援クリックお願いします!

kry0730 at 01:13|PermalinkComments(12)その他 

2015年10月06日

まだまだ戦術項目募集中

 先日の記事で、雀ゴロK本第2弾の戦術項目を募集したところ、たくさんのコメントをいただきました。

 「コレはいけそうだ!」っていうのも結構あって助かりました。募集項目なのでコメントは返していませんが、全部読んでいます。

 まだまだ募集していますので、

 ・こういった戦術について書いてほしい!
 ・こうした状況のときはどうする?
 ・その他、麻雀・フリーに関しての質問

 があれば、こちらの記事のコメントにてお願いします。

 あと、これはまだ掲載されるか未定ですが、戦術本のコラムの中に

 「麻雀QandA(あるいは一問一答)」

 のコーナーを作って、戦術項目にできなかった質問をいくつか取り上げようかなーとも思っています。まあ、こちらはボツになる可能性もあるので、まだなんとも言えませんがw

  とりあえず、「麻雀QandA」のコーナーは初稿では提出してみるつもりです。

 ではではよろしくお願いします。

 Twitterはこちらから
  banner_11 ←応援クリックお願いします!


kry0730 at 00:45|PermalinkComments(34)その他 

2015年10月04日

実戦譜

 最近、麻雀の牌図を使った記事をあまりUPしてなかったので、今日は過去の実戦譜からいくつか紹介。

 ①man6
 東1局、親、7巡目

 これは先月の実戦譜。まあ、だいたい形は決まった1シャンテンだったんですが、ここから4枚目のpin7をツモりました。

 ここで、カンする手もあったんですが、自分は打pin1を選択。

 打pin1だと受け入れロスはpin1pin3の2種7枚ですが、pin7カンしてしまうと、pin5pin9までの4種16枚がロスになってしまうので微妙かなと。

 まあ、

 ・打pin1はツモman7が仮テンになる(pin5pin9ツモも待ち枚数は少ない。)
 ・pin7カンはカンした分の打点向上がある


 ことを踏まえてpin7カンもそんなに悪いという訳では無いですね。

 

 ②sou4
 東1局、北家、6巡目

 「先手両面リーチは強い」

 というのが、現代麻雀の感覚ではありますが、この手はさすがに打pin3として染めに向かいます。

 ドラが無いのでまあ当然っちゃ当然ですが、ドラ1くらいでも、同じ手順でいいかなと。ドラ2だとさすがに即リーが強いかなといった感覚。

 ただ、過去にお客さんで、

sou3
 
 ここから打man7 として染めに向かっている人がいましたが、さすがにこれは元々の打点が高い両面なので即リーでいいかと思いますね。

 Twitterはこちらから
  banner_11 ←応援クリックお願いします!


kry0730 at 22:37|PermalinkComments(19)反省・実戦譜