2015年12月

2015年12月30日

警察はぼったくりバーと知りながら…

 先日、自分のお店で警察の方の内検があったのですが、そこで警察の方と色々世間話をしてました。

 最近名古屋の栄という名古屋でもメインの歓楽街で、ぼったくりバーが無茶苦茶増えてると。(最近ニュースにもなってる)

 そして、以前にぼったくりバーで摘発された男が、最近またバーの申請をしてきたという話になった。

 自分は

 自分「風俗店って前科があったら申請できないですよね?雀荘もそうですし」

 とたずねると、

 警察の方「ぼったくりは法律違反じゃなくて条例違反なんだよー。だから過去に摘発されてても、また申請できるのよ。」

 と。そして

 警察の方「(新しい店も)まあ、絶対にぼったくりだね」

 自分「わかるんです?」

 警察の方「ぼったくりをやってた人が、普通のバーはやらないよ。扉に鍵が5個もついてたしね。」

 確かにそうだ。一度暴利を貪っていた人が今更まともな経営しないだろう。いるとしても少数派だ。

 警察の方「だから、行政書士の申請書に付箋で『ぼったくりなんで許可したくないんですが・・・』って付いてたよ」

 ただ、そこまで分かっていたとしても、法律上認められている以上、許可を出さざるを得ないらしい。

 なんだかなあ・・・
 
 
Twitterはこちらから
  
banner_11 ←応援クリックお願いします!
 

kry0730 at 00:39|PermalinkComments(6)その他 

2015年12月28日

名古屋市緑区の麻雀ギルドさんに遊びに行きました!

 先日、名古屋の麻雀ギルドさんに遊びに行ってきました。

 こちらのお店は最近緑区の鳴子北にオープンしたばかりで、かなり綺麗な店内が印象的でした。


 
giru1
 
 オーナーさんの話を聞くと、かなり内装に力を入れたそうです。

 ルールはどちらかというと、東京寄りで自分好みでしたね。イベントも3勝戦があったり、新規サービスが無茶苦茶充実してました!

 つかこの新規サービスで採算合うのかよwと本気で思うくらいだったので、お客さん目線でガチおススメですね。
(フリーは現在、金土日のみの開催となっているみたいです。)


 「競合店宣伝していいの?」

 と思われるかもしれませんが、まあ、うちのお店からは結構距離があるので、いいかなとw業者さん教えてもらったりもしたので!

 というわけで、鳴子北付近にお住まいの方、緑区近くにお立ち寄りの方は是非是非!

 麻雀王国さんの
HPはこちらです! 

  Twitterはこちらから
  
banner_11 ←応援クリックお願いします!

kry0730 at 00:42|PermalinkComments(13)考察・雀荘 

2015年12月25日

雀サク・麻雀王国に掲載しました。

 雀サクさんと麻雀王国さんにBucksの広告を掲載しました。

 雀サク 
http://jan39.com/shop.php?tnp=12496&page=&max=1&s_fkn=22&s_tnp=BUCKS
 
 麻雀王国 
http://mj-king.net/tempos/view/9693


 
 ちなみに広告ページは「今日一旦作ってもらった」程度の状態で全然完成はしていませんw(駅からの所要時間などの表記もズレあり。)

 もうすぐ卓が届くので、それで内装が完成したら写真と一緒に全部のページを修正して完成状態にもっていこうかなと思ってますね。
 Bucks関連のことを記事にすると「お店はこのようにしてください!」「ルールはこうしてください!」という無責・・・温かいコメントを送る方がいますが、それはご遠慮いただければ(>_<)w(今回からコメントは認証後に公開の形をとっています)

 あと、スタッフも引き続き募集していますねー。

 まだまだオープンまでやることは山積みですが頑張りますかね。
 (オープン日は許可する警察さん次第ですが、1月15日~20日くらいが濃厚みたいですね。)
 
 追伸:
 ルールに関してが公開されているページも載せていましたが、ルールへの質問や要望が多くなりそうなので、一旦伏せました。
 
   
Twitterはこちらから
  
banner_11 ←応援クリックお願いします!

kry0730 at 22:22|PermalinkComments(13)その他 

2015年12月23日

戦術ー読み補足ー

 麻雀で読みについての話になると、必ずと言っていいほど

 「こうした例外のケースがあるじゃないですか」


 という人がいますが、こういった人って「麻雀においての読み」という要素を誤解している人ですね。

 麻雀の読みって、

 ・「牌理について未熟なプレイヤー」
 ・「読みをずらす逆手順」
 ・「超レアケースの例外」

 の要素がある以上、100%的中させる精度のものってほぼ無いんですよ。
 
 じゃあ外れる要素があるからといって、その読み自体の価値が無いかというとそんなことは無いです。

 「かなりの高確率で当たる」

 のであれば、戦術としては十分な価値があります。

 前の記事の読みについても、sou6が当たるレアケースを探っていくことも可能なんでしょうが、いくつかのケースを消去させてsou6の危険度を下げることができれば、読みとしては十分なんですね。(もちろん明らかなこじつけのような読みはダメですが)

 

 上のようなアラ探しをする人は、こうした麻雀においての読みの要素を誤解している他に、
 
 「紹介された読み自体を知らなかった」

 人もいたりします。

 だからこそ、躍起になってその読みのアラを探して否定しにかかるわけですね。


  
Twitterはこちらから
  
banner_11 ←応援クリックお願いします!  

kry0730 at 00:33|PermalinkComments(15)戦術 

2015年12月22日

戦術ー読みについてー

 「戦術も更新を」というコメが来ましたので、たまには麻雀の内容も。(戦術本製作中は頻繁には無理ですがw)

 これは家で牌を弄ってて作った牌姿なんですが、(ちょいちょい違いますが、一応実戦譜です)

 
20151208_205527
 ※ドラはji7-chunです。自分は南家で、上家が親でドラポンしている局面です。(対面の発は白に修正予定です)


 ※上家がman1チーして打man3。そして、自分がsou6をツモって来たところです。

 自分は愚形含みの1シャンテンで安全牌には余裕があります。ここでsou6を押すかどうかの押し引きですね。

 


 結論から言うと、このsou6は切ってOKな牌ですね。
 
 「親のドラポンの2副露に子の1シャンテンで押すとか正気か!」
 と思う人もいるかもしれませんが、このsou6は読みによって危険度をかなり下げることができます。


 
 ここで使う読みの要素は「数牌の優位性」「ポン材の強さ」の二つ、そして読みのキー牌は親が前巡に切ったsou5です。それによって、親のsou6待ちの確率を大分下げれます。



 今回親がsou3sou6待ちの場合、前巡にsou5を切った時点で、


 yoko-ji7-chun
 ※伏せた牌は出来メンツ+雀頭。(sou5は赤でもOK)
 
 
 この形だったわけですが、これだと端牌に近い待ちを固定するためにman3を切りますね。しかも今回はman3が一枚切れているので、ポン材として強いのもsou5になり、余程のことがあっても打man3になるはずです。

 
 前巡にsou5が出ている時点で、親が上の形で持っていたケースを否定できるので、上家がsou3sou6待ちの確率をかなり下げれます。

 他のケースでいくと、sou6単騎待ちはあり得ないですね。
 
 yoko-ji7-chun
 
 ここからsou5は打たないですね。

 シャボ待ちはというと
 

 yoko-ji7-chun

 この形の場合も普通は打man3になります。伏せ牌が暗刻+トイツの場合なら、この形から打sou5としてトイトイ狙いも無くは無いですが、ドラポンしている状況なら基本的には1枚切れのman3切りになりますね。


 変則形の待ちも・・・もうめんどくさいんでここまでにしますw



 こうした「数牌の優位性」「ポン材の強さ」を読みに組み込むことができれば、一見無筋の牌でも危険度を下げることが出来、押し引きに幅が出来ます。

 特に強者相手だとこうした手順が正確になり、読みやすくなるので覚えておいて損は無いですね。


 ちなみに今回のケースで親にsou6が刺さるのは、無理トイトイなどのレアケース以外だと、

 ・親が初歩の牌効率を知らないド素人
 ・親が逆手順を多用するトリッキーな打ち手(今回のケースで意図的に逆手順を踏むのはキチガイに近い)

 この2通りがありますかねー。

 追伸:次回の戦術本にはこうした読みもいくつか収録予定です。

 補足です
 
  Twitterはこちらから
  
banner_11 ←応援クリックお願いします!  


kry0730 at 23:48|PermalinkComments(15)戦術