2016年02月

2016年02月15日

実戦譜~鳴き~

 本走中のこんな手牌。

sou1
 ※7巡目

 一昔前は「愚形部分から仕掛けて、両面を残す!」というのがセオリーだったけれど、現代では
 
 「中盤以降の愚形含みのリャンシャンテンは出るポン出るチー」

 といった感じの局面の方が多い。というわけでpin3からチー。

 すぐにpin2が出てポンし、カンman6でテンパイし千点のアガリ。

 
 まあスピードだけの鳴きなんですが、こうした鳴きをするからといって、全て鳴くわけではないです。

 man1
 ※3巡目
 
 この手牌で下家から、sou2が切られました。

 これを鳴くと愚形は解消されるものの、千点のバック仕掛けが確定してしまうので序盤ならスルー。

 すぐに出たsou1はポン。それから数巡後ji7-chunをポンして下の形でアガリに。


 
man1

 
 ちなみに上の牌姿は先日、「天牌についてアレコレ語るブログ」のまじわーさんがご来店したときの、本気モード鳴きです。
 (
そのときのことは詳しくはこちらの記事で


 地元の一般ピーポーのお客さん相手には封印している闇の技です。

 
Twitterはこちらから!
banner_11 ←麻雀人気ブログランキングへ!

 コメントは以下から!(他のコメント者に関する中傷や批判、本記事や麻雀と無関係のコメント等はご遠慮いただいております)  


kry0730 at 01:18|PermalinkComments(10)

2016年02月10日

麻雀講義+勉強会「ゴロゼミ」を開催します!

 前々回の記事で話していた麻雀の勉強会の開催日時が決定しました!

 雀ゴロKの麻雀ゼミ、通称ゴロゼミの詳細は以下の通りです。

http://k-majan.blog.jp/archives/1052150442.html


今日の実戦譜

 今日の実戦譜で、親でこんな手牌。

 ji4-pei

 下家からpin-aka5が出て、これはポン。面前で進めてもpin9引きでリーのみの目が残っているので、それなら動けるタンヤオ赤1の方がいいです。

 この後、pin8が出たのでこれもポン。


 
ji4-pei
             (晒した順番違うのは許せw)
 
 こうしておくとpin6に頼る形から、ポンテンも効く1シャンテンにグレードUPします。

 そしてman3をポンし、以下のアガリになりました。

 
 
sou3



 ・・・・・・


 これが雀荘オーナーの麻雀か?

 
img76_usi

 Twitterはこちらから!
banner_11 ←麻雀人気ブログランキングへ!

 コメントは以下から!(他のコメント者に関する中傷や批判、本記事や麻雀と無関係のコメント等はご遠慮いただいております)  


kry0730 at 01:42|PermalinkComments(16)反省・実戦譜 

2016年02月08日

お店の近況

 お店が始まって一週間ちょいが過ぎましたが、ぼちぼちやってます。


 ブログを見て遠くから来ていただける方も多く(昨日はなんと福井と富山から!)、そうした方たちとお話できるのは本当に楽しいですね。


 リピーターの方も最近は増えてきて、地元の常連さんも増え始めています。


 まあ、目標まではまだ遠いのですが(・_・;)でも開始早々としてはかなりいい感じかなと。


 実際、雀荘業界は普通、オープン半年~1年は赤字の業界と言われているくらい最初はシビアなので、自分も最初はまあそんなに焦らずはやっていこうかなと思っていますね。


 今後も、今まで通り精一杯仕事していく感じ。

 あと、近いうちに午前中にでも麻雀の勉強会でも開こうかなーと思ってたりしてます。そのときはこのブログでも告知すると思いますー。


 Twitterはこちらから!
banner_11 ←麻雀人気ブログランキングへ!

 コメントは以下から!(他のコメント者に関する中傷や批判、本記事や麻雀と無関係のコメント等はご遠慮いただいております)  



kry0730 at 00:26|PermalinkComments(6)

2016年02月01日

本走のお客さん?待ち番?

 この間、京都に住んでる従兄が遊びに来てくれて、話していた。そこで、

 「『代走のお客さんお戻りです』、っていう風に代走から帰ってきたとき言うけど、これおかしくね?代走してるのは、お客さんじゃなくてメンバーだよね?」

 といった話に。

 
 要するに「代走」というのは「代わりに卓に入る」ことだから、「代走のお客さん」というのはおかしいと。

 従兄のお店ではこういったとき、「本走のお客さん、お戻りです」といった風に言うらしいとのこと。(自分もこうした使い方をしているのを別の店で聞いたことがある。)


 自分らの感覚だと本走は「メンバーが仕事中に打つこと」を指すので「本走のお客さん」は違和感がすごいw

 でもこういうのって、元々が造語だからどうしても地域ごとでニュアンスが変わるんだろうなあと。


 自分が東京に行ったときに驚いた代走での表現が

 「待ち番」

 これは代走しているメンバーが、戻ってきたお客さんに対し「ただいま待ち番です」というように使い、「下家のツモ番~上家の切り番」まで全てを指すらしい。

 名古屋や京都でこの言葉を使っている雀荘は少なく、「上家のお客さんの切り番です」といったように細かく説明するので、一括りに「待ち番」という表現はあまり使わないんですよね。

 
 他にも地域ごとの麻雀用語の違いって結構ありますよね。「こんなん知ってる」ってのがあればコメントしていただければー(>_<)

 Twitterはこちらから!
banner_11 ←麻雀人気ブログランキングへ!

 コメントは以下から!(他のコメント者に関する中傷や批判、本記事や麻雀と無関係のコメント等はご遠慮いただいております)  


kry0730 at 10:03|PermalinkComments(15)考察・雀荘