2016年10月

2016年10月26日

ズレてる麻雀プロ批判ってあるよね②

 ③昔のことを引きずり過ぎ

 「あのプロの麻雀とかマジレベル低かったよー。こういった間違った戦術を語っててさー」

 といった話をする人がいますが、その話自体10年前くらいの場合とか結構ありますw

 ある程度前の話はさすがに許してと思いますw 1年ですごい成長する人もいますからね。
 

 ④麻雀プロ=下手

 「麻雀プロはレベル低い」

 という固定観念が固まってしまっている人も結構います。

 こうした固定観念に縛られてしまっている人は、プロの下手な部分ばかりをクローズアップしてしまうので、考えを直すのがかなり難しい人たちですね・・・

 自分としては、最近は戦術本やSNSが発達した関係もあって、最新の戦術観を持つ強い麻雀プロも増えていると思いますねー。

 あと戦術本なんかは読まないけど、経験則によって無茶苦茶強い人もいるかと思います。昔高レートであった打ち手とかそんな人いっぱいいましたw

 


 とまあ、こんな感じですか。まあ、今でもやっぱり

 「麻雀プロっていうのは実は大したことない」

 ってイメージを持ちたがる人は多いんですよね(´・ω・`)

 この辺りを正当に評価できる人がもっと増えればいいですが、そうした評価能力ってその人自身の雀力も問われるので難しいのかもしれません。

 
Twitterはこちらから!
banner_11 ←麻雀人気ブログランキングへ!
 コメントは以下から!(他のコメント者に関する中傷や批判はご遠慮いただいております


kry0730 at 17:30|PermalinkComments(17)

ズレてる麻雀プロ批判ってあるよね①

 麻雀プロは結構批判されるもの。

 自分が会ってきた麻雀プロもアレな人が多かったので、著書の中でディスったりしてますが、その反面、

 「その批判はズレてるなー・・・」

 と思うこともあります。今日はそんな内容を記事にしたいと思います。


 ①短期成績で判断される

 「この間○○プロと同卓したんだけどさー。あんまり大したことなかったよw」

 といったことを言う人、結構います。

 ただ、麻雀は数回同卓した程度では相手の実力は正確には分からないものです。

 自分から見て、見え見えの当たり牌がそのプロから出てきたとしても、そのプロにはそれを押せるだけの勝負手が入っているのかもしれませんし、そもそも自分の押し引き判断が間違っていることもあります。

 にも関わらず、たった数回の同卓で低い評価を受けるのも気の毒だなーと思います(*´Д`)


 ②ボーンヘッド=下手

 昔、何の記事だったか忘れましたが、

 「女流プロの麻雀を見てたら、三色に気づいてなくてレベルが低いと思った。」

 的な記事がありました。

 でもこういった見過ごしってよくありますよね。(自分もしょっちゅうありますw)

 将棋のトッププロが2歩で負けるように、トップレベルの麻雀プロでもボーンヘッドは必ずあります。

 こうしたボーンヘッド=実力が低いという判断を下すのは少し違うかなと。

 まあボーンヘッドが多すぎるのは実力不足なんで良くないんですが(;・∀・)

 ②へ

 
 
Twitterはこちらから!
banner_11 ←麻雀人気ブログランキングへ!
 コメントは以下から!(他のコメント者に関する中傷や批判はご遠慮いただいております



kry0730 at 17:29|PermalinkComments(7)

2016年10月25日

浜松へ

 明日はちょっとばかし野暮用があって夕方から浜松の方へ出かけることに。
 
 観光したりする時間は無いんですが、なんとかうまいものくらいは食べたいところ。

 餃子、ウナギ辺りが有名らしいので、そちらを食べたいところですね。

 雀荘もめぐりたかったんですが、いかんせん夕方に着いて夜に帰らなかんので、難しそう・・・いっそのこと一泊していくか・・・

   Twitterはこちらから!
banner_11 ←麻雀人気ブログランキングへ!
 コメントは以下から!(他のコメント者に関する中傷や批判はご遠慮いただいております



kry0730 at 01:29|PermalinkComments(4)

2016年10月16日

押している印象と打牌スピード

 「他のお客さん(あるいはメンバー)のフォームが守備型か攻撃型か」

 といった話をお客さんとすることがあります。

 そしてこうした話になると、互いに感想が食い違うことが結構あります。

 この攻撃型か守備型かって判断って自分的には

 「打牌スピード」

 がかなり関係していると思うんですね。
 

 昔の同僚に、Aさん(麻雀プロ)という奴とMやんという奴がいました。(どちらも雀ゴロK本1に出てきてる)

 Aさんは平和のみの1シャンテンから親リーの一発目に無筋を飛ばしたり、ドラポンなどの高打点での仕掛けにも結構危ない牌を切ったりしてました(あくまで当時ねw)

 逆にMやんはデジタル寄りの打ち手なので、シャンテンだとだいたいオリます。

 でも、お客さんからは

 Aさん➩守備型
 Mやん➩押し型

 といったことをよく言われたんですね。

 なぜこういった印象になっていたかというと、理由は先ほど挙げた打牌スピードにもあったと思います。


 Aさんは結構少考が多い打ち手でした。満貫テンパイからでも危険牌を引いてきたら、一旦押すかどうか考えます。

 こうした風に少考が多い人って不思議と守備型に見えるんですね。危険牌を切っても押してる印象って弱くなるので。

 逆にMやんなんかは押す手になると音速で不要牌はツモ切るので、同じ切りでもAさんよりかなり押してる風に見えるんですね。
 
 
 これがあると「押すときノータイム勢」にはつらいものがあります。

 結構守備型に打っているつもりなのに、

 「君、結構攻撃的なフォームだよね」

 と言われてしまうので(;'∀')


 ま、これはあくまで自分の主観です(´・ω・`)間違ってるかもしれないっすw
 
   Twitterはこちらから!
banner_11 ←麻雀人気ブログランキングへ!
 コメントは以下から!(他のコメント者に関する中傷や批判はご遠慮いただいております



kry0730 at 05:44|PermalinkComments(16)

2016年10月14日

ASAPIN氏が来店します

 初代・11代天鳳位を獲得したASAPIN氏がバカ勝ち実践行脚にて11月12日(土)にBucksにやってくることになりました!

 バカ勝ち実践行脚01(麻雀Bucks)

 写真には初代天鳳位とありますが、最近11代天鳳位も獲得したみたいです。

 つか天鳳位を2回獲得するとか凄過ぎます。尋常じゃないですw


 そんな天鳳界実績No.1の麻雀打ちのバカ勝ちを阻止したい方、お待ちしてます!

 追伸:雀ゴロKもおまけですが、いますw

   Twitterはこちらから!
banner_11 ←麻雀人気ブログランキングへ!
 コメントは以下から!(他のコメント者に関する中傷や批判はご遠慮いただいております



kry0730 at 13:41|PermalinkComments(9)