2014年02月01日

戦術~ドラ・赤のある手の晒し方~

 今日も基本のおさらいをしていこうと思います。今日はドラのある手の晒し方
のパターンを2つ。

<パターン①>

man3

 上のような手で三mを鳴いてチーテンをとるとき基本は赤の方を晒します。
理由は鳴いた後、八mを引いて六-九mの両面にとるときに赤五mが出て
いかないようにするためです。(初歩的なことなんですが・・・)
あと、うちの店のように、金五mが入っていたり、赤が2枚入っている場合も赤の
方を晒すことが必須になります。

<パターン②>

pin5

  あと上の手で⑤pが出たときの晒し方も注意が必要です。
⑥⑦の両面で晒してしまうとドラの④を引いたときにツモ切らなくてはならなく
なります。それを防ぐために④⑥のカンチャンで晒し、ドラを引いたらスライド
できるようにすることが重要です。

 恥ずかしい話、パターン②の牌姿は僕が学生時代に両面で晒して、後ろで見ていた
お客さんにバカにされたときの形と一緒です。今ではさすがにやらない(多分・・・)ですが、
ドラが絡んだ晒し方は、ベストな形で晒すことを常に意識しておかねば・・・!





kry0730 at 00:00│Comments(2)戦術 

この記事へのコメント

1. Posted by ぱいおつ   2013年11月03日 20:16
鳴く牌が「ロン」になってますよ
2. Posted by K   2013年11月04日 00:57
ご指摘ありがとうございます。
牌譜の画像なんですが、ネットで拾ったフリーの画像を使っていまして、
ツモやロンの文字の書いた画像はあるのですが、出アガリを表現する画像が
無かったので代わりに「ロン」と書かれた画像を使っています。
見苦しくて申し訳ないです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字