雀ゴロKの麻雀日記

麻雀や雀荘についての雑記。仮想通貨についてのつぶやきもあります。

カテゴリ: 麻雀戦術・実践譜

残り4枚両面かカンチャンか③

 最後に補足をいくつか。  Q、0枚、4枚見えなどのケースはどうか? A、が縦に使いやすいこともあるので、①の立体牌図のケースに比べると残り4枚両面を残すメリットが弱くなりそうです。ただ、このように内側の牌が4枚見えのケースの場合はやはりが他家からは使いづ …
続きを読む
残り4枚両面かカンチャンか②

  ちなみにこの理論は仕掛けにも応用が利きます。 今発売中の雀ゴロK本3「現代麻雀最新セオリー」にて、  「愚形+両面の1シャンテン」の愚形からは、1巡目からでもほぼ仕掛けが優位、 「残り4枚両面+両面」の残り4枚両面からは、4巡目からがチーテン優位と、残 …
続きを読む
残り4枚両面かカンチャンか①

  1シャンテン時、上のような残り4枚両面と残り4枚のカンチャンのターツ選択の場合、 「枚数が同じなら両面変化があるカンチャンを残す」 といったことを言う人がいますが、これはおススメしません。なぜなら、枚数が同じでもこの場合残り4枚の両面ターツの方が強い …
続きを読む
戦術本の戦術公開⑤

 今回は  オーラス、トップ目でリーチのみの愚形を打つかどうかというものです。 しかも今回はリーチを打つと瞬間の着順が2つ落ちる上に、放銃するとラスになる可能性もあります。  なかなか躊躇する状況ではありますが、ここでの正解は  リーチとなります。 上の …
続きを読む